Loading...

mi 用 Linden Script Language モード

 

Linden Script Language モードについて

Mac OS X 用テキストエディタ mi 専用の Linden Script Language モードファイルです。
Linden Script Language は、Second Life 内で使用出来るスクリプト言語です。
本モードを追加すると、Linden Script Language 用のスクリプトの制作環境が mi に追加されます。

 

特徴

  • Linden Script Language の命令などに色が付いて分かりやすくなります
  • Second Life Viewer 1.23 対応
  • Second Life Server 1.27 対応
  • 使用が推奨されている機能のみ収録してあります

 

インストール方法

  1. ダウンロードしたディスクイメージ(dmg ファイル)を開く
  2. mi を起動
  3. メニューバーの「mi」を選択
  4. 「mi」メニュー内の「モード設定」を選択
  5. 「モード設定」ダイアログにある「モード追加…」を押す
  6. 「モードファイルからインポート」を選択
  7. 開いたファイルダイアログから、たディスクイメージ(dmg ファイル)にある
  8. Linden Script Language フォルダ内の Linden Script Language というファイ
  9. ルを選択
  10. 「追加」ボタンを選択

以上の手順で、Linden Script Language モードのインストールが可能です。

 

使い方

「ファイル」-「新規」-「Linden Script Language」で、新規文書を開いてください。
普通にコードを入力するだけで、Linden Script Language の部分に色が付きます。
命令などのスペルを忘れた時は、mi のキーワード補完入力(Shift + スペース)で探すことが出来ます。
作成したスクリプトは、Second Life Viewer のスクリプトエディタに、そのままコピーペーストして使用出来ます。

 

スクリーンショット

本モードファイルをインストールした環境のスクリーンショット(画面写真)です。

スクリプト作成中画面
Linden Script Language の入力に最適な環境が提供されます。
キーワード補完入力中画面
キーワード補完入力中画面です。
Second Life Viewer スクリプトエディタ画面
Second Life Viewer のスクリプトエディタに、そのままコピーペーストして使用出来ます。

動作環境

mi

 

動作確認機種

Mac mini G4 1.42GHz (Mac OS X 10.4.11)、mi 2.1.9b5

 

開発環境

mi 2.1.9b5

 

ダウンロード

 

履歴

2009/08/03 Ver1.2.0 リリース

  • Second Life Server 1.27.0 で実装された HTTP-In に対応
    http://wiki.secondlife.com/wiki/Release_Notes/Second_Life_Server/1.27
  • Constants に、以下のキーワードを追加
    CHANGED_ALLOWED_DROP
    LIST_STAT_STD_DEV
    PARCEL_COUNT_GROUP
    PARCEL_COUNT_OTHER
    PARCEL_COUNT_OWNER
    PARCEL_COUNT_SELECTED
    PARCEL_COUNT_TEMP
    PARCEL_COUNT_TOTAL
    PARCEL_MEDIA_COMMAND_TEXTURE
    TEXTURE_PLYWOOD
    VEHICLE_ANGULAR_DEFLECTION_EFFICIENCY
    VEHICLE_REFERENCE_FRAME

2009/01/30 Ver1.1.0 リリース

2008/11/21 Ver1.0.0 リリース

 

本モードについて

本モードはフリーウェアです。
無償で使用することが出来ます。

本ソフトウェアを使用したことによって生じた、いかなる損害についても著作権保有者はその保証義務を一切負わないものとします。