Loading...
Unity

Unity Hubとは

Unity Hubは、Unityのインストールからプロジェクトの作成/管理までを一括で管理出来るアプリケーションです。

個人制作では、一つのバージョンのUnityだけで全てが完結するかもしれません。

しかし、お仕事でUnityを使っている場合、A案件ではUnity 2017、B案件ではUnity 2018ということも珍しくありません。
また同じUnity 2018でも、B案件では2018.1、C案件では2018.3ということもあります。

Unityはもともと、インストール先を変更することで、同じ環境に複数のバージョンをインストールすることが出来るようになっていました。
この仕組みを使って複数のバージョンのUnityをインストールして、デスクトップに並んだ複数のUnityのアイコンから使いたいバージョンを起動するということが行われていました。

でも、この作業って面倒くさいですよね。
そこで登場したのが、Unity Hubです。

Unity Hubはその名の通り、Unityを使う際の作業の全ての“ハブ”(中心)になるソフトとして作られています。

Unity Hubの特徴は、下記の通りです。

  • 複数のUnityをインストール/管理することが出来る(すでにインストール済みのものも追加可能)
  • Unityのプロジェクトを管理することが出来る
  • プロジェクトで使用するUnityのバージョンを変更することが出来る
  • Unityのライセンス管理も一括で行うことが出来る

これまでは自分でインストール先を変更することで複数のバージョンのUnityを使えるようにしていた作業を、Unity Hubでは自動でやってくれます。
これだけでも、Unityを使う方にとっては非常にありがたい機能ですので、まだ使ったことがない方は、ぜひ使ってみてください!

ちなみに、Unreal Engineを使ったことがある方なら、「それってEpic Games Launcherと同じじゃないの?」と思われた方もいらっしゃると思いますが、まさにそれのUnity版といった感じのものです (^_^;A